こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

ぎっくり腰注意報

ぎっくり腰注意情報
今朝も朝一番の患者さんでぎっくり腰を出した方が来られました。
先週からぎっくり腰の患者さんが立て続けに10人以上ご来院になっています。
気温が急に下がり、さらに寒い中での朝一番の雪かきが毎日の日課になっていることと思います。

しかも出社前の時間の無い時に、大急ぎで家の前のブルが置いていった雪の山を片付けて、
皆さん急いで会社に出かけていると思います。
今朝の患者さんは、会社に着いてから会社の駐車場の雪かきをしていて、ギクッとなって動けなくなったそうです。

皆さん痛みは強くて大変つらい思いをされていますが、ぎっくり腰の治りはすごくいいです。
長年の経験でぎっくり腰と寝違いは当院ではせいぜい3、4日でほとんど日常生活に支障がなくなります。
どんな健康な人でも風邪を引きますよね。
インフルエンザでも一般的な風邪でも必ず治ります。
一生涯風邪を引きっぱなしの人なんていませんよね。

ぎっくり腰も風邪と同様な類の疾患ですから治って当たり前です。
ぎっくり腰がでたらできるだけ早くご来院ください。
動けないなら横になっているしかありませんが、少しでも早く治療をすれば治りはいいです。
腰をかばって動いていると体のあちこちが痛くなって、
その影響がまた腰に返ってきますから、はやく治療を開始しましょう。

ぎっくり腰対策
①朝は余裕をもって早めに起床しましょう。
②朝起き掛けに直ぐに雪かきはいやいや、気をもんでやらない。
  ゆっくりと動いてください。
③外出の前に腰にホッカイロを貼って、腰の血流を上げてから、
  雪かきをしましょう。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

右ひざその後

IMG_0578.jpg
前十字靭帯損傷用ニーブレスを装着した私の右脚です。

昨日で2週間経過しました。ようやく100度くらい屈曲できるようになり、
跛行せずにあるけるようになり、つくずくありがたいと感じます。
受傷機転から前十字靭帯損傷ですので、ACL用ブレスを取り寄せて
使ってみています。こんな機会はそうありませんから、いろいろ試して
試行錯誤しているのですが、けがは固定しかありません。
パンツ、靴下、ズボンをはくなど、日常動作はものすごく支障をきたすのもですね。
当院にも膝が曲がらなくて正座のできない患者さんがお出でになりますが、
皆さんこんな苦労をされているのかと、思い知らされます。
私の脚を引きずる姿を見て、右は自分の不注意、左はご先祖様からの
何らかのメッセージだよと教えてくれた方がいました。
私は右ですから、もちろん不注意になりますが、
病気、けがもつらいものですが、健康な状態のありがたさを思い
早く正座ができるよう祈っている毎日です。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

右ひざ関節捻挫

IMG_0564.jpg

誰の脚でしょうか?
私の脚です。

7日の日曜日夕方、石内丸山スキー場へ初滑りに行ってきました。
ナイターで雪質も最高、日曜のナイターにもかかわらず、
斜面は荒れていなくて凸凹もなくフラット滑りやすい斜面でした。
初滑りなのにあまりの気持ちよさに負けてかなりのスピードで滑っていました。

いつもの初滑りは翌日からの筋肉痛がいやでゆっくりと滑り始めて、
昨年の感覚を取り戻す程度の滑りをしていたのですが、
雪は最高、人もほとんどいなくてつい限界に近いスピードで爽快に滑っていました。

大回りターンの切り換えでスキーが前に抜けてしまい、
ちょうど正座をした格好になってしまったのです。
お尻をついたのですが、右ひざにビキッという感触があり、
前十字靭帯を伸ばしたか?切れたか?という感触でした。

直ぐにスキーは止めにしてゆっくり下山しました。
左側一本で滑り降りたのですが、転びはしませんでしたが一度激痛で
倒れそうになりながら降りました。
板を外して車まで歩いていた時に、もう一度足がもつれて激痛が走り
よろけながら車までたどり着きました。

コンビニの買い物袋に雪をたくさん詰めて即席の氷嚢を作り、
タオルで右ひざに縛って冷やしながら車で戻りました。
幸い車の運転は痛みもなくできました。

翌8日は祝日でラッキー、1日ゆっくり養生したのですが、
右下肢をつくと激痛で一歩も歩けません。
右ひざは腫れてパンパンで関節包に水腫がたまっています。
関節包の内側には痛みのセンサーがたくさん付いているので、痛みのスイッチONです。

9日はしっかり固定して何とか仕事はこなしました。
こうしてけがをしてみると、つくづく患者さんの痛みよくわかります。
曲がらない伸びないことの不自由さはたいへんな事と身をもって知りました。

10日、本日も杖をついて治療室を動いています。
患者さんに説明して気の毒がられ、立つ瀬がありませんが、
今日も副院長や受付の本田さんに助けてもらいながら乗り切ります。
新患の予約が3人入っていますが、びっくりしないでくださいね。

今回のけがは私に何を考えさせたいのでしょうか?
じっくり考えています。


こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック