FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

正座がしたい!-16

慢性痛症に心療内科の先生
患者さんは長期にわたって痛みにさらされているため、
痛みによるストレス性の抑うつ状態である場合が多いです。
慢性痛症の患者さんは感情面まで含めて治療をする必要があります。
最近の腰痛特集の番組をみると
二人の整形外科の先生ともう一人、
心療内科の先生が登場しています。
一昔前なら、腰痛番組に診療内科の先生が出演するなんて、
考えられなかったことです。
患者さんは
「この痛みはもう治らない」「一生ついて回る責苦だ」
というような考え方になっている患者さんも多いです。
特に膝の痛みのある時は、
安静に動かさないようにと指示されてきた患者さんは
長期間「動かさない」「動かない」ことから
廃用性機能障害を起こし、
筋力の低下、関節硬縮といった身体的な悪循環を作り上げ、
痛みがさらに増幅し
「もう治らない」というような心理的な側面が
脳まで含めた痛み系の悪循環をも作り上げ、
痛みがさらに増幅してしまってしまうのです。
このような患者さんは
心療内科の先生の手助けが必要になります。
腰痛、肩こりでも同様です。
今まで不思議な世界であった心と体の関係が
ようやく当たり前に語られる時代がきているのです。
私たち柔整師のところにもこのような患者さんは多くなっています。
せっかく先生を頼って来院された患者さんを
今までのような考え方で治療しても、
治るどころかすぐに来院されなくなってしまいます。
これだけ複雑な背景があるのですから、
治療法がどうの、技術がどうのこうのという前に、
その辺の整理ができていないと、
治療のスタートラインにさえ、立たません。
痛みに対する新しい考え方を取り入れて、
新しい診療体系を作っていきましょう。

今回でこの「正座がしたい!」特集はひとまず終了です。
高齢者の方で正座ができない人が何と多いことでしょう!!
正座が当たり前にできることのメリットは、
高齢者の方たちにとっては計りいれないものがあります。
医療関係者が、膝が痛ければ
「動くな、曲げるな、伸ばすな,正座なんてもっての外」と
患者さんにアドバイスすることは、
その患者さんの将来にわたっての健康的な生活を奪うことになります。
大げさなことを言っていると思われる関係者は、
古典的な医療常識に縛られています。
いままでの常識が、1800万人といわれている
変形性膝関節症患者さんを作ってきたのです。
私が開業して今年の9月で満30年を迎えます。
開票当時の患者さんは、明治生まれの高齢者の方が多かったです。
この方たちの生活様式は、和風でした。
和の動作、所作は正座が基本です。
正座からの立ち居振る舞いが和の所作の始まりです。
トイレも和式ですから、何が何でも膝を折り曲げていました。
正座が生活の中心でした。
だから高齢者でも当たり前に正座ができました。
この30年間の間に、生活様式は大きく様変わりをしてきました。
和風から洋式への転換です。
生活用様式の変化が、正座を奪ってしまいました。
さらに正座は悪というような風潮も広まり、
若いお母さん方は、子供が正座をすると脚の形が悪くなる
とか聞いてきて、正座はもっての外で、子供に正座はさせません。
親の設計図(遺伝子)が変化をしない限り、
設計図どおりの子供の脚ができあがります。
なにも正座をしたから脚の形が悪くなることは決してありません。
心配せず、子供に正座をさせてください。
正座をすることによるメリットは、
その子供さんの将来に計り知れません。
次回は、正座のすばらしい効用の話を連載します。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
スポンサーサイト
別窓 | 変形性膝関節症が治らない本当の原因 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

正座がしたい!-14

長期間続く膝痛=慢性痛症
痛みの分類の一つとして
「急性痛」と「慢性痛」という言葉が用いられています。
ご存じのように「急性痛」は身体のどこかが傷つくと、
そこから発せられた信号が脳へと伝えられて生じる痛みです。
この痛みは傷や病気に伴う「症状」としての痛みですから、
原因となる傷や病気が治れば
痛みも警告信号としての役目を終えて消えていきます。
一方「慢性痛」と呼ばれる痛みは、
従来急性痛が長引いたものと考えられてきました。
しかし、原因となった傷はすでに治っているのに痛みが治まらなかったり、
検査ではどこも病巣はないのに、
長期間にわたって痛みが続くという、
急性痛のしくみでは説明のできない不思議な痛みがあることがわかってきました。
このような不思議な痛みは急性痛とはまったく違ったしくみを持つ、
新たに生まれた痛みの病気「慢性痛症」であることがわかってきました。
強い痛みが長く続くなどのことが引き金になり、
痛みの神経系に歪みが起こり、
その歪みそのものが痛みの原因となると考えられています。
痛み系が歪むと、
本来なら痛みとして感じられないような軽い刺激や、
寒さや気圧の変化、
また感情が昂ぶったり、
何かを思い出したりというきっかけでも、
痛みが起きたりします。
このような痛みは傷を知らせるものではないので、
明らかに警告信号としての意義を失ってしまった痛みです。
慢性痛症では急性痛と違って、
その痛みは症状ではなく、「病気」そのものであり、
その痛みのしくみから考えた治療が必要とされています。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性膝関節症が治らない本当の原因 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

正座がしたい!-13

①から⑤まで、全く反対のことを書いてみました。
ネガティブな説明ではけっして治療の役に立たないどころか、
この暗い、夢も希望も無いような説明が、
治らない多くの患者さんを作ってきたのです。

今からさっそく試してみてください。
患者さんのお身体に関するすべてのネガティブな言葉かけは止めにして、
ポジティブな言葉かけをしてみてください。
患者さんの身体の良いところを探して、
どんどん褒めてあげてください。
けっして悪いところを指摘してはいけません。
骨盤が曲っている、
脚の長さが違っている、
他所の治療院で指摘されたご自分の身体の悪いところを、
患者さんは忘れません。
心の奥深くにしまい込んで、事あるごとに、
今回の腰痛は骨盤が曲っているせいだと、
関連付けているのです。
患者さんがご自分の身体の悪いところの同意を求めてきたら、
やんわりと否定してください。
「けっして○○さんの思っているような状態ではありませんよ。
すばらしいお体ですよ。」先生方のこの一言で、
患者さんは救われます。
悪いところを指摘しても治療の役には立ちません。
百害あって一利なしです。
間違った思い込みから解放することが
私たちの治療の第一歩です。
ただ、それぞれ価値観の異なった人に説明してわかってもらうためには、
説得力のある説明、
前向きな情報の提供、
正確な知識が
治療者側にもとめられます。
今までの先生方の治療に
ポジティブな言葉かけをプラスするだけで、
治療効果の大きな違いに、驚かれることでしょう。
決して治療法や技術ではありません。
私自身、今もって驚きの毎日です。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性膝関節症が治らない本当の原因 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

正座がしたい!-12

⑤ 治らないのは年齢のせいではありません
70歳を越えると
誰でも悪いことはすべて歳のせいにしています。
年だからしょうがない!
年を取ると誰でもそう(だめに)なる。
この考え方も世の中の間違った概念の最たるものです。
老人は膝が悪くて当たり前、
膝が治らないのは、年のせい。
これでは治るわけがありません。
若くたってだめな人はだめ、
治らないと思って治るわけがないです。
患者さんの体の良いところを探しましょう
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性膝関節症が治らない本当の原因 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

正座がしたい!-11

④ しっかり曲げましょう
私は開業して本年9月で満30年です。
当時はトイレもほとんど和式で、
どんなに膝の悪い人でも、
膝が曲らなくては用が足せませんでした。
今のようにソファーや椅子に腰掛けるより、畳に正座でした。
ですからどんなに悪い膝でも、腐ったような膝でも、
しっかり伸びなくても、曲るだけは曲っていました
。しっかり深く曲げるという一番膝の大切な運動をさせないのですから、
悪くなって当たり前です。
正座から立ち上がる事と比べると、
椅子から立ち上がる筋肉の運動量は僅かです。
こんなところにも筋肉が使われない原因があります。
ベッドもしかりです。
寝たきりになって初めてベッドは使いましょう。
ベッドは介護する人が楽なように使うものです。
膝を曲げると水が溜まると思っている方は多いと思います。
逆です。
しっかり曲げないから、水が溜まるのです。
膝関節はご存知のように、関節包に包まれています。
この関節包は薄い膜で浸透圧は、
こぼした水にティッシュペーパーを被せてさっと滲み込む程度と言われています。
この関節包の内側に炎症物質が目詰まりを起こして、
関節液の循環ができなくなって水が溜まってしまうらしいのです。
ですから膝をしっかり曲げてあげると、
目詰まりした関節包内に溜まった水は、強制的に関節包外に出て、
新しい関節液の循環が始まります。
結果、水は溜まらなくなります。
曲げない生活様式こそ、
これだけ膝の治らない患者さんを増やし続けている原因の一つです。
しっかり曲げましょう。
膝の可動域の増大は、患者さんが実感できる成功体験です。
日に日に可動域が増えてくることは、治療の励みになり、
通院頻度のアップにつながります。
また、腰や股関節、足関節などに、
膝の曲らない分の負担が軽くなり、
腰痛改善にもつながります。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性膝関節症が治らない本当の原因 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。