こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

肩こりから読み解く体の痛みと治療ー14

世間一般でも、病気の本当の原因は
ストレス(病は気から)だということは、
なんとなく分かってきています。
整形外科でも慢性腰痛の本当の原因は
ストレスだといい始めていますが、ごく一部です。
これから少しずつでしょうが、
この考え方も浸透してきます。
ただ一般の病院では、
そのための体とストレスを合わせる具体的な治療法がないのです。
慢性痛は整形外科だけで診るのではなく、
診療内科もいっしょに、診るようになってきています。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
スポンサーサイト
別窓 | 骨格系の痛み治療の未来 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

肩こりから読み解く体の痛みと治療ー13

病気の本当の原因
東洋医学の陰陽説では、
あらゆる万物を男と女、昼と夜、プラスとマイナスの二つに分けて、
そのバランスを保つことで調和が維持され、
どちらか一方に偏るとバランスが乱れると説明しています。
それと同じように人の心の中も「善と悪」がバランスよく共存することで、
人間らしく生きること、
健康的に生きることが可能なのです。
マイナスの心ばかり認識しすぎるのも不健康ですが、
プラスの心ばかり認識しすぎて、
自然に発するマイナスな気持ちを排除しようとすると、
心と体の調和が乱れて、不健康になります。
自然に発するネガティブな気持ちを押し込めようとするのではなく、
その気持ちも自分の心の一部として
自分で自分を認めてあげることが大切です。
問題となる相手や事柄を受け入れる前に、
まずは自分が発しているマイナスな感情を受け入れましょう。
ポジィティブな感情とネガティブな感情の共存は健康を、
逆に対立は不健康を招きます。
自身の心の中で、
「役に立ちたい」「助けてあげたい」「頑張らねば」という
ポジティブな気持ちがある一方で、
「逃げたい」「悲しい」など
ネガティブな気持ちがあるということを、
自分自身で認めないと
体が元の悪いサイクルに戻りやすくまります。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 骨格系の痛み治療の未来 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

肩こりから読み解く体の痛みと治療ー12

東洋医学では内臓の気(エネルギー)の流れを大切にして、
筋肉の問題を、この気の流れを整えることにより解決します。
例えば胃の気エネルギーが低下すると、
胃から気エネルギーをもらって活動しているいろいろな筋肉、筋肉群は
力を落としてしまいます。
僧坊筋、肩甲挙筋などの頚部伸筋群(肩こりに関係する筋肉)も
胃から気エネルギーをもらっています。
姿勢筋である僧坊筋(抗重力筋)は胃からの気エネルギーの供給が低下すると
両肩をきちんと後ろに引いて良い姿勢を維持でりなくなります。
手で食べ物をつかんで口に入れて咀嚼して胃に食べ物を落とすまでに使われる筋肉は、
すべて胃がエネルギーを供給しているのです。
持ちつ持たれつの関係です。
胃はストレス臓器といわれるくらい
日常生活からのいろいろなストレスを受けます。
ストレスを受けると胃の気エネルギーが低下し、
僧坊筋の力が落ちます。結果、肩が落ちて姿勢が悪くなります。
猫背になってしまうと、気持ちまでなぜか落ち込んでしまいます。
失敗した時とか勝負に負けたときの人のイメージをしてみてください。
背中を丸くしてうなだれた姿勢ですよね。
逆に、良いことがあったとか、勝負に勝った時など、
頭をしっかり上げて胸をはって堂々としてますよね。
人間は気持ちいかんで姿勢まで変わってくるのです。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 骨格系の痛み治療の未来 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

肩こりから読み解く体の痛みと治療ー11

部分から全体に、そしてエネルギーワークへ
帯津良一先生の考え方は
私たち東洋医学をベースにしている治療家にとっては
たいへん重要です。
患者さんの体をまるごと相手にして、
もう一歩進めて、その患者さんを取り巻く心理・社会的な面まで、
全体の中のでの肩こりを考える必要があります。
肩こりのする筋肉は身体の中で孤立しているわけではなく、
多くの体中の筋肉と連携をとりながら、
身体全体の一部として機能しているわけです。
場合によっては先ほどの上司が代わったら
肩こりが治ってしまったという患者さんのように
感情面のストレスまで
治療の範囲を広げる必要がでてくる患者さんもいるのです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 骨格系の痛み治療の未来 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

肩こりから読み解く体の痛みと治療ー10

西洋医学に比較した場合、
中国医学は確かに科学的ではありません。
しかし中国医学には、今触れた弁証論治のように、
長いあいだの経験に基づいて
人間をまるごと見ようとする伝統があります。
人間を機械のように扱って、
臓器をその部品のように見ている
西洋医学とは
そこが違います。
西洋医学が「点」だけをみているとすれば、
中国医学は「線」に目を注いでいる、関係を重視す
る医学だといえます。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 骨格系の痛み治療の未来 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。