こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

たかが腰痛、されど腰痛ー37

今回の腰痛特集「腰痛最前線」はいかがだったでしょうか?
本日のアップで37回になりましたが、
初めからまとめて読んでいただくと、
腰痛に関しての最先端の考え方が理解できます。
同業の先生が読んで理解していただいて、
腰痛治療に取り組んでいただけたら、
腰痛人口は間違いなく減少します。
たかが腰痛なんですが、されど腰痛、
一筋縄でいかないのが、腰痛です。
腰痛専門に、ライフワークと考えて腰痛に取り組んで
ちょうど30年です。
まだまだ発展途上ですが、
これからも腰痛に真剣に取り組んでいきます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 腰痛と腰痛治療の最前線 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

たかが腰痛されど腰痛ー36

2)エネルギーワークとは?
構造的につまり体を静的にみることは大切です。
さらに言えば、例えば腰は動きがあります。
前に曲げたり、後ろに反ったりする動きがあります。
止まっているわけではありません。
そこに腰の動き、機能の問題が発生します。
腰を動かす、腰を腰として機能させる元は何でしょう?
血液が筋肉に酸素を運んで、
筋肉の中で化学変化を起こして、力や熱を出すのでしょうか。
西洋医学的にはこのような考えになります。
しかし東洋医学では気エネルギーが筋肉に送られて、
力や熱を出すと考えています。
血液を滞りなく心臓から送り出しているものはなんでしょう?
気エネルギーです。
体の生きていくために、人が人として機能していく元は
すべて気エネルギーです。
このエネルギーにアプローチする治療法です。
当院の治療はボディーワークとエネルギーワークの両方を取り入れ
当院独自の治療施術をおこなっています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 腰痛と腰痛治療の最前線 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

たかが腰痛、されど腰痛ー35

1)ボディーワークとは?
簡単に説明すると、
人の体は骨、筋肉、内臓などの構成物により、できています。
その目に見える体そのものにアプローチする治療法です。
今現在、患者さんに起きている
体の違和感(痛み、しびれ、凝り感、張感、体の重さ、だるさなど)は結果として、
腰に肩に膝などに出ています。
お体の構造的に問題のある部位を治療します。
このような考え方でおこなう治療を
ボディーワークといいます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 腰痛と腰痛治療の最前線 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

たかが腰痛、されど腰痛ー34

治療家の治療法の選択は
患者さんの治療結果に影響します。

この世の中、治療法は星の数ほど存在します。
なぜこのように多くの治療法があるのでしょう?
業界雑誌を見ても多くの数の治療法が紹介されています。
いったい私たち治療家は自分の治療法を採用するのに、
何を基準にどの治療法を選んだらいいのでしょう?
そこで長年のセミナージャンキーと自負する院長が分類してみました。
                         
大きく分類すると、
1)ボディーワーク
2)エネルギーワーク
に分けられます。
別の見方をすれば
構造⇔機能⇔エネルギーという関係があります。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 腰痛と腰痛治療の最前線 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

たかが腰痛、されど腰痛ー33

「背骨(骨)は痛み・しびれを出しません。
痛み・しびれは全て、筋肉・靭帯などの軟部組織が発生させます。」


問題は骨ではなく筋肉にあったのです。
痛み・しびれの原因は筋肉が起こしていたのです。
筋肉にアプローチせずに、
ひたすら骨にのみ原因を求めてきた今までの考え方が、
これだけ多くの腰痛患者を発生させてきたのです。
今後も増え続ける腰痛難民を作らないために、
当院の腰痛治療は早くからこのような考え方を採用し、
実際に施術に取り入れ、臨床を積み重ねてきました。
そして今までとは比べようもなく、良い結果がでています。
県内医療機関、整骨院、接骨院等で、
このような考え方で診療をおこなっている院はわずかですが、
今後はこの考え方が当たり前になることと思われます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 腰痛と腰痛治療の最前線 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック