FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

白鳥を見に行ってきました。

DSC_0006_2019010116011991a.jpg

西山町の御手洗湖の白鳥です。
毎年、正月に家族で見に行ってきています。
私たちが食パンを投げ始めると、たくさんの白鳥が寄ってきます。
この寒さの中、元気です。
美しく可憐で白鳥を見ると、
こんなにも私たちの目を
楽しませてくれる白鳥に今年も感謝です。
たくさん食べて元気でいてください。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

新年明けましておめでとうございます。

IMG_0881.jpg
IMG_0877.jpg

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今朝の初日の出の頃です。
初日の出は拝めませんでしたが、
曇り空の中で、青空がのぞいていました。
今年も何かいいことが起こる予感がするつかの間の晴れ間です。
撮影後に直ぐに青空と日の光は拝めなくなってしまいました。

今年も皆さまが健康で元気に過ごされますようお祈り申し上げます。

こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年もたいへんありがとうございました。


年取りの晩御飯をいただいてきました。
今年も後わずかとなりましたが、
皆様もゆっくりと年の瀬を迎えておられることと思います。

本年度は予約の電話をいただいても、
なかなか予約をお受けできなくてたいへん申し訳ありませんでした。
年齢と共に集中して施術を連続して行うことができなくなってきたと
感じた一年でした。
毎年知識も技術も向上していると思うのですが、
それに見合ったさらに難しい患者さんが来院されます。
治りの良くない患者さんに合わせて治療の組み立てを色々変え
施術方法もいくつか変えてみたり、毎日頭の中は朝から寝るまで
患者さんのことを常に考えています。
そんなことの繰り返しの中で、今年は長い治療家人生で、
ようやく根本治療に近い治療をやっているのではないかと思える治療体系を
作り上げつつあるように感じています、
当院は腰痛専門院を謳っていますので、
来院されて良くなって、一生涯腰痛とは無縁の人生を送っていただくことが目標です。
そのために必要なものは何か? 40年近い治療家人生で求めてきたのですが、
今年度はかなりの手ごたえを感じています。
来年度はさらにこの答えを求めて、日々の治療施術に邁進していきます。
今年一年、本当にありがとうございました。
頑張ってきた自分にもご苦労様です。ありがとうです。
皆様、よいお年をお迎えください。


こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

一年間の感謝の気持ち

IMG_0854.jpg

突然このようなスナップをお見せして、これは何だ?と思われたことでしょう。
枯葉蛾という蛾です。どう見ても枯れ葉にしか見えません。
長年昆虫大好き人間の私が初めて見た生物です。
今年一番の驚いた生物でした。
玄関の風除室のサンにこの冬空の下、ずーと留まっていました。
突っついてもピクリとも動きません。
私たち地球の生物は一体どのくらいの数がいるのか?わかりませんが、
この枯葉蛾も私たち地球にとっては意味のある、掛買いの無い生物なのでしょう。
私の前に突如現れた枯葉蛾は私に何を物語っているのか?
しばらく気になって観察してみました。
どうしてこのようは落ち葉そっくりの形になったのか?
私を驚かそうと、何か愉快になって楽しませてくれる枯葉蛾にありがとうです。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

平昌オリンピック盛り上がってます。

原選手

平昌オリンピック盛り上がっています。羽生結弦選手、小平奈緒選手の金メダル感動しました。
二人のここまでの長くつらい道のりを聞いてわかっているので、
なおさら金メダルには日本中が感動し涙したのではないでしょうか。
お二人だけではなくメダルに届かなかった多くの選手にも皆ドラマがあったことでしょう。

原大智選手はスキーモーグルで銅メダルを獲得した選手です。
ノーマークでしたが若干二十歳で一躍く脚光を浴びています。
彼の滑り終わった直ぐ後のコメントには驚きました。
「気持ちよく滑りました。失敗する気がしませんでした」このようなコメントを残していました。
オリンピックという大舞台で、緊張しないはずはありません。もちろんストレスは相当なものだったと思います。
しかし滑り始めると気持ちがいいという感覚になり、予選では失敗する気もしなくなって、
決勝では満足のいく滑りができたのでしょう。
結果はちゃんとついてきて、ほとんど注目されなかった選手が銅メダルでした。

今までのストレス、つまり避けて通りたいとか逃げたいという大変な苦痛だったオリンピックにでるという現実圧が
気持ちよさに変わる、怖さがおもしろさに、はたまたスリルを楽しむまでに変わっていたのです。
彼はたいへんな現実圧を圧と感じなくなるような大きな進化をしていたのです。
おそらく今回のこの経験により彼の人格に関する部分は大きく変わったと思います。
一回りも二回りも大きな人間に変容したことでしょう。
今後が増々楽しみです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック