こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

治りやすい人、治りにくい人

この9月20日で開業して満25年になる。長いようで、あっという間だったような気もする。当院のホームページを作ったのは今年の1月頃でしたので、早くも8ヶ月経過してしまい、この院長ブログもこの機に書き始めます。何かきっかけがないと、なかなか始められないものです。

先日来院されたお爺さんです。長いこと会社を経営して跡取りも無く、最近の不況で廃業されました。この七十過ぎの元社長は五六年前から、一年に何度か「また出たよ。先生、やぶだから治しきれなくて、また痛くなったよ。」こんな調子で来院されるのだが、数日して良くなってくると「先生は名医だな、○○を紹介するからね」と、のたまうのですが、未だかつてこの爺様の紹介で来院された患者さんは一人も現れません。この人が行けって言うのだったら行ってみようかと、自分だったらまず思わないよね。この元社長に「○○は来てるかね。」と尋ねられてもあいまいな返事しかできない。
もうお一人、84歳のお爺さんを紹介します。この方はある会社の現役会長で社長職は倅さんに任せているものの、毎日欠かさず元気に出社しているとのこと。当院へは、会社の税理士の先生から聞いてお出でになったとのこと。長身なため背中がかなり丸くなり、その猫背を治しに週2回きちんと来院されておられます。日を重ねるごとに、丸まった背中もかなり伸び、横から見てもすっきりした感じになってきました。治療の度に感動して、感謝の言葉を言ってくれます。こちらも治療していて気持ちが良く、「○○さん背中伸びてきたねー。よかったねー。」とポジティブな会話をすると、ニコニコ満面の笑みを浮かべて帰られます。勿論、治りやすい人はお分かりですね。自分はどっちの爺さんになるのかな?
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 治る人、治らない人 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック