FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

開業30年をふり返ってー4

臨床経験に裏打ちされた確かな技術、
最先端の医療知識、
このような医学的知識技術を貪欲に吸収し続けていく姿勢が、
何よりも生き残っていくために必要です。
柔整師は両極端に分かれています。
慰安的な揉み療治を専門にやって、患者数の増加を目標にする接骨院と、
いろいろな知識・技術を吸収しセミナー講習会等に絶えず出席し続け、
治療系に特化している接骨院との両極端です。
経営セミナーに通う先生と、
技術系セミナーに通う先生の両極端的違いです。
急増し続ける柔整師、当然開業者も急増しています。
今後は間違いなく保険診療だけでは食べてはいけなくなる時代が到来です。
もうすぐそこまできています。
若い先生は開業を急ぐのではなく、しっかりとした臨床経験を積み、
その間に数多くの手技療法を学び、
医療従事者としての幹を太くすることです。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
スポンサーサイト
別窓 | 若手柔整師の方へ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

開業30年をふり返ってー2

保険がきくのが整骨院と長年あぐらをかいてきたつけが回ってきたのが、
今の柔道整復師会であり、柔道整復師です。
当時、柔道家の柔道整復師は、
世界中で柔道という名前の付いている職種は
柔道整復師だけだから誇りを持てとよく言われたものでした。
長年の柔道体質独特の指導方針のつけがそっくり回ってきたのが、
今のこの柔整業界です。
保険で好きなように請求した時代は完全に終わりました。
戦国時代の到来です。
年長の先生方は稼がるだけ稼いだのですから、
今後はご無理な保険請求、
つまり社会一般的にみて、柔整師だけがなぜ高額の所得があるのかと、
ねたまれるような請求はやめて頂き、
柔整業界の名誉回復に寄与していただきたいです。
もう今後は、保険診療だけで食べていける時代ではなくなりました。
知識も技術も無くても保険だけで食べていけるいい時代は終わりです。
銭儲けに奔走している時代ではありません。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 若手柔整師の方へ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

開業30年をふり返ってー1

長岡市は昔から接骨院のことを“揉み医者”と呼んで、
揉んで治してくれる先生といわれ、
社会的に少しは信頼のある職種であると勘違いして、
柔道整復師になりました。
私が開業当時、30年も前の話ですが、
当時は柔道をやっている先生が圧倒的に多く、
柔道整復師という名前のように、
柔道家が整骨院をやるのが当たり前でした。
力で制する体育会のような接骨師会の中で、
会長も役員も全員柔道家で、
一年学年が違えば先輩、後輩の立場の違いで、
恐ろしいような団体が日本柔道整復師会でした。
昨今、日本柔道界がゴシップで、
世間から改革を求められている場面が報道されています。
この体質がそっくりそのまま、今現在の柔整師会です。
力で制しようとしても、制しきれません。
次々と問題が噴出してきています。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 若手柔整師の方へ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。