こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

本日、開院満30年

昭和58年9月20日に
開業して、本日で満30年を迎えることができました。
皆さまのお蔭です。
感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだやりたいことはたくさんあります。
治らない難しい患者さんも多く、
今後も勉強を怠らないように
前向きに歩んでいきます。

なぜ治る?なぜ治らない?
昨年9月で当院開業30年を迎えて、今のところ、たどり着いた考えをのせてみました。

この30年間、治療家としてつらい立場の患者さんの少しでもお役に立てればとの思いで、治療家人生を送ってきました。
治らない患者さんも多く、せつない思い出として患者さんのお顔が浮かんできます。なぜ治らない?なぜなおる?のか、常に治療家として、考え続けてきました。今現在もこの思いは持ち続けています。
まだ途中ですが、今現在たどり着いた「なぜ治る、なぜ治らない」原因について、記述してみます。
以下の記述は私が30年間にわたり、収集してきた医療情報、医療知識及び習得してきた手技療法に関する多くの知識、技術を自分流に噛み砕いて、実際に当院の患者さんに説明をし、おこなっている手技により得られた結果の集大成をまとめたものです。経験値的な私個人の見解です。

当院は筋骨格系の専門院ですので、腰痛、肩こり、膝痛等の愁訴をお持ちの患者さんが毎日来院されています。特にライフワークとして「腰痛」を専門にしています。骨格系の治療施術をおこなう際に、腰痛がある無しにかかわらず、腰部の施術はどなたでもおこなっています。例え指一本の腱鞘炎であっても、腰部の施術は必ずおこないます。腰部は身体の中心です。センターをきちんと取ってあげることにより、手足末梢の問題は解決することがほとんどです。それほど腰部の治療施術は大切ですし、効果があります。つまり体の全体のバランスを整えることが筋骨格(機械的な障害)の治療です。
そのような診かたで治療施術を、まず行います。
急性の筋骨格(機械的)の障害は治りもたいへん良いのですが、慢性的な障害は別な診かたが必要になる場合があります。

「人間という心身的存在の非物質的な側面、心にも変化をおこさない限り、物質的な干渉だけでは治癒に誘導できない」

機械的な障害に対して、非物質的なものが関係している場合です。つまり感情的なものです。例えば激しい怒り、罪悪感、体の病変部、障害部に集中する不安感などです。もうこの腰痛は治らないのではないか?一生付き合っていくしかないのか?というような信念に近いものです。また常に他人に対して自分は悪くない、他人が悪い、自分がこのようになったのも、他人のせい、社会のせいというような激しい怒り、気の弱い人は何か問題が起きるとすべて自分が悪い、悪いことをしてしまったと自分を責めてしまう人、このような信念に心持が治ることをブロックしてしまっているのです。


こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 開院満30年 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック