FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

猫背矯正(不良姿勢矯正)-13

②手が前に来ると背中が丸まりやすくなるため
私たちの両手は常に体の前に位置しています。
右と左を共同作業で、いろいろな動作、仕事をおこなっています。
つまり両肩の位置も内巻きになり、
胸を張ることはほとんどありません。
肩の位置が体の前に来ると背中が丸まってしまいます。
昨日のニュースで東京株式市場の様子が映し出されていました。
何十人もの人がパソコンの前で、
両手を体の前にして、パソコンのキーボードの上に両手を置いて
仕事をされている様子でした。
皆さん全員、背中を丸くした猫背姿勢です。
当たり前ですが両手を前に出さないと、パソコン業務はできません。
このような状態が長時間、毎日続けば誰でも背中が丸くなってしまいます。

こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 猫背矯正 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

猫背矯正(不良姿勢矯正)-12

最近は特にパソコン等で下を向く動作が
一日中続くような仕事に付いている人が
たいへん多くなってきています。
また私たちは上を向く動作はほとんどありません。
電球の玉を交換する、人によっては星空を見るとか、
一日の中で上を向く動作は数えるほどしかないと思います。
重たい頭を常に下に向けることにより、
背中が丸くなってあたりまえなのです。
下を向く動作は7節ある頸椎の前彎をなくし後弯になってしまい、
いわゆるストレートネックといわれる状態になってしまうのです。

前に倒れないように
首の後ろの筋肉、広背筋、腰部筋、臀部筋が
常に引っ張りバランスととっているのです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 猫背矯正 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

猫背矯正(不良姿勢矯正)-11

①~⑥までそれぞれ詳しく説明します。
①手元の作業は下を向かないとできないため、
 また上を向く動作が圧倒的に少ないため

私たち人間の目は身体の頭の上部に付いており、
しかも体の前にあります。
目が体の後ろに付いている人はいません。
高い位置と前方にあるためにいろいろな利点が生まれ、
人間が生き延びてきたのでしょう。
人は体の前を見て左右両手を前にして、
手を使ったいろいろな動作をします。
後ろの動作は例えば前掛けの帯を後ろで結ぶとか、
下着のホックを背中で留める、その程度です。
この場合は目からの情報はありませんので、
感で行う動作になります。
もし目が頭の後ろにもう1セット付いていたなら、
両手を後ろ手行う動作は、体の前で行う動作のように
もっと多くなっていたことでしょう。
しかし人間は目が体の前に付いているために、
手元の動作を下を向いておこなっています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 猫背矯正 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

猫背矯正(不良姿勢矯正)-10

6つの理由(問題)を考えました。
①手元の作業は下を向かないとできないため、また上を向く動作が圧倒的に少ないため
②手が前に来ると背中が丸まりやすくなるため
③座った時のバランスの悪さを解消するため
④背中を丸め続けていると、筋肉がその状態に慣れてしまうため
⑤背中を丸め続けていると、骨盤が後ろ回転した状態になり、前回転しにくくなってしまうため
⑥後ろ回転した骨盤に合わせて腰椎の後弯が強くなり、腰椎の前彎がしにくくなるため

①~③は日常生活で誰しもこのような状態になります。
その結果④~⑥のように人体構造の問題が発生してしまい、
いくら治療しても背中が丸く、猫背になってしまうのです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 猫背矯正 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

猫背矯正(不良姿勢矯正)-9

長年この問題を考え続けています。
良い姿勢で背筋を伸ばした方が楽で体の緊張がないのに、
実際治療で良い姿勢に変化すると、
本当の体の楽な状態を経験するのに、
次回来院されるとまた背中を丸くした姿勢に戻っています。
そして「この姿勢が楽だ」といいます。
まず、この答えの前に、
ではなぜ背中が丸くなるかを考えてみます。
6つの理由(問題)を考えました。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 猫背矯正 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック