こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

慢性痛症(2)

慢性痛症であるが、急性痛を起こしている場合
慢性痛症であっても患者さんはそこが痛いと思っていたが、
実はそれは防御姿勢が起こした痛みで、二次的に発生した痛みであって、
つまり急性痛です。
無理な姿勢(防御姿勢)を取り続け、二次的三次的な障害を起こし、
急性痛を併せ起こしている患者さんが大半です。
一方の脚が痛ければそれをかばうためにもう一方の脚にも障害が起こります。
慢性症に対する治療と急性症に対する治療、両方を並行して行う必要性があります。

慢性痛症に心療内科の先生
患者さんは長期にわたって痛みにさらされているため、
痛みによるストレス性の抑うつ状態である場合が多いです。
慢性痛症の患者さんは感情面まで含めて治療をする必要があります。
最近の腰痛特集の番組をみると二人の整形外科の先生ともう一人、
心療内科の先生が登場しています。
一昔前なら、腰痛番組に診療内科の先生が出演するなんて、考えられなかったことです。
患者さんは「この痛みはもう治らない」「一生ついて回る責苦だ」
というような考え方になっている患者さんも多いです。
特に膝の痛みのある時は、安静に動かさないようにと指示されてきた患者さんは
長期間「動かさない」「動かない」ことから廃用性機能障害を起こし、
筋力の低下、関節硬縮といった身体的な悪循環を作り上げ、
痛みがさらに増幅し
「もう治らない」というような心理的な側面が脳まで含めた痛み系の悪循環をも作り上げ、
痛みがさらに増幅してしまってしまうのです。
このような患者さんは心療内科の先生の手助けが必要になります。
腰痛、肩こりでも同様です。
今まで不思議な世界であった心と体の関係がようやく当たり前に語られる時代がきているのです。
私たち柔整師のところにもこのような患者さんは多くなっています。
せっかく先生を頼って来院された患者さんを今までのような考え方で治療しても、
治るどころかすぐに来院されなくなってしまいます。
これだけ複雑な背景があるのですから、
治療法がどうの、技術がどうのこうのという前に、
その辺の整理ができていないと、治療のスタートラインにさえ立たません。
痛みに対する新しい考え方を取り入れて、新しい診療体系を作っていきましょう。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
スポンサーサイト
別窓 | 慢性痛症 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。