FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

長びく肩こり、腰痛、膝痛(慢性痛症)の本当の原因ー13

参考に2007年の米国内科学会(ACP)と
米国疼痛学会(APS)の診療指針をあげてみます。
ACPとAPSは
患者の分類、画像検査、患者教育、自己治療、薬物治療と
腰痛の原因疾患が疑われる患者の場合に限って
実施すべきであるとしています。
このことは何を意味するかといえば、
腰痛においての画像診断のエビデンスの低さを物語っているのです。
重篤な状況とは3つしかありません。
背骨に腫瘍ができているか、癌が転移している。
膀胱直腸障害といって、おしっこが詰まって出てこなくなったり、
排便のコントロールができなくなってしまって、
うんこのたれながしです。
もう一つが脊髄の中に雑菌が入ってしまって、
○○性脊髄炎と診断が付く症状の3つが命に係る重篤な問題な症状です。
この3つが疑われる際は
画像検査なり血液検査なりの診断をおこないましょうと
診療指針では薦めています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 慢性痛症(長びく関節の痛み) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック