FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

たかが腰痛、されど腰痛ー32

なぜ減らない腰痛患者さん
腰痛患者2800万人、国民病とまでいわれている腰痛、
腰痛患者さんは減るどころかますます増加の一途です。
画像診断で脊椎に問題ありといわれ、腰痛人生が始まります。
背骨に問題をかかえていると思い込んだ腰痛患者さんは
常に腰に気をつかい、腰痛と共にその後の人生を歩むことになります。
椎間板ヘルニアの真犯人は
画像検査(レントゲン、MRI)!!

レントゲンやMRI検査などの画像検査をおこなって、
関係の無い病名を付けられたばかりに、腰痛人生の始まりです。
また、画像診断で異常なしといわれれば、安心するでしょうか?
骨に原因が無いのなら、なぜこの腰が痛むのか?
不安は増すばかりです。
いずれにしても画像検査は大多数の腰痛患者さん、
非特異的腰痛患者さんにとっては、
不必要なばかりか、逆効果になってしまっているのです。
患者さんが望むこともあり、
整形外科では必ず画像検査をおこないますが、
画像検査で得られた情報は非特異性腰痛には無関係なのです。
被曝するだけ損です。

腰痛の正しい考え方による正しい腰痛説明の重要性が問われます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 腰痛と腰痛治療の最前線 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック