こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論-16

14、当院の施術理論

三軸修正法の池上六郎先生の診療指針です。当院の腰痛アプローチ法は三軸修正法とは異なっていますが、考え方はまったく一致しています。私の集大成のような内容となっておりますので、ここに挙げさせていただきました。
考えられる究極の治療法(共通項)
1、 原理原則がはっきりしている。
2、 人も物と同じに地球物理学の影響を受ける。
3、 呼吸に関係している。
4、 原因と結果がはっきりしており、結果がすぐに出る。
5、 心とからだの関係がしっかりと説明できている。
6、 バランスを一度崩すことにより、瞬時に本来のバランスを作り直す。
7、 治すのではなく直すことによって人が治る。
以上の7つの治療原則を基に当院の施術を行っています。

更にどのような身体状態が正常と異常かを解説してみます。
直立した時の「良い姿勢」が「機能姿勢」と一致することが理想
機能的姿勢 
上図の説明
左図は体の中心がずれていますが見た目は真っすぐ立っています。しかし体の内部は歪んでおり緊張している筋肉が多数存在しています。右図は見た目はねじれて立っていますが、体の中心と重心が合っており、筋肉の緊張もほとんでありません。しかし現実的には一日中この姿勢では過ごせません。目標は左図の外見で身体内部は右図のようになれば理想的といえます。

1、 その状態になると、前後、左右にシンメトリーになり、体の内側の「歪」も少なく、アライメントも整って、体の重心線が両足の外側が囲む基底面の中心を貫き、立っていても体のどこにも無理を感じなく、心も体も穏やか。
2、 肩が凝ったり、腰に痛みを感じたりするときなどに、呼吸に注意を向けながら、体が一番楽な機能姿勢をすると、呼吸もスムースになっていることに気付く。
3、 この時の呼吸は肩を上下する胸式呼吸ではなく、横隔膜がスムースに動き、空気が肺の奥までスムースに動き、空気が肺の奥まで気持ち良く入る腹式呼吸。
4、 体の重心線がいつも体の基底部の中心を貫いているという一定条件。
5、 腹式呼吸のしやすさ、し難さによって、体の現状が確認できれば、その「現状」、すなわちその時の「機能姿勢」を理想的な「良い姿勢」に一致させる方向に修正すれば、体の不都合はたちどころに消滅する。
6、 体のアライメントの修正が上手くいくと、まず背が伸びたような感じがして呼吸が楽になり、目の前が明るく感じ、体全体が軽くなったような爽快な気分になる。
7、 体のどの部位も体の全体の一部と認め、その部分を個別に治そうとするより、体の全体のアライメントお修正することにより、部分の痛みや不快感は自ずと消滅する。
8、 体のどこかに不快感や機能低下などの生じている場合、とにかく全身のアライアメントを直せば、体は直ちに治そうと機転を働かせ始める。
9、 アライメントのくるいによる運動制限、こり、痛みなどに対して体は無意識に動きやすい方向に動いて、周囲との相互作用で自然に調整されることにまかせているにすぎない。

以上のような施術理論を基に当院の施術はおこなわれています。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
スポンサーサイト
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。