こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論-8

6、東洋医学は気の医学

ではどうして筋肉が凝ったり縮んだりした結果が筋肉の痛みなのでしょうか。そこには原因があるから結果があるのです。大きく分ければ目に見えるもの、目に見えないものとがあり、複雑に絡んでいます。目に見えるものを対象として治療をすることをボディーワーク、目にもいないものを対象として治療することを、エネルギーワークと言います。

この原因の捉え方、考え方が治療家により全く異なっています。その治療家の学んできた治療体系や修行した院の考え方により、この原因の捉え方が院により全く違っています。目に見える体を対象とする治療法、目に見えないもの(気)まで治療の対象としている治療法と、大きく分類すればこの二つに分けられます。

更にこの二つの間には無数の治療施術法があり、治療家施術家によってエネルギーワークとボディーワークの両方をうまくバランスさせ治療法をつくっています。東洋医学では本治療(気)と標記治療(体)は両輪の輪となっています。どちらも大切な治療です。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック