こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

謹賀新年

s-P1000445.jpg
s-P1000446.jpg
謹賀新年
早いもので元旦から八日です。昨年暮れの26日に85歳のお袋が入院した。当日の午後になって家内が「お婆ちゃんの腰が抜けて立てなくなった。」と、呼びに来た。自宅に戻って血圧を測ってもいつもの数値で特別に異常は無く、「胸が難ぎい(胸が苦しい)」と言っている。体温を測ったら40度を少し超えていた。世話になっている三井医院の先生に連絡したら、日赤病院に行くように指示されて、家内と二人で病院までやっとの思いで連れて行った。お袋は三年位前から認知症がすすみ、毎日家族中が相当に参っていた。夜中に起きて騒ぐ生活が続いており、夕方七時頃には一旦寝るのだが夜十時頃に起きだし、お腹が減ったと、おにぎりそれも子供の頃、母親から作ってもらった味噌おにぎりを大きなやつを二個も自分で作って、美味しそうに食べてしまうのです。そして一晩中トイレと寝床の往復を何十回と無く疲れ果てるまで繰り返して、朝を迎えるのです。日中はほとんど寝ている状態です。そんなお袋を家内と二人で日赤まで吹雪きの中、やっと連れていたのだが、土曜日の午後ということもあり、救急の待合は満員状態で、皆さんマスクをして辛そうに待っておられる。
お袋も車椅子で辛そうな呼吸をしながら、順番を待っていた。いろいろ検査で二時間程かかり入院ということになってしまった。尿路感染症から熱が出たらしく、ここ二三日はやっと熱も下がり好き勝手なことばかり言って回りを困らせている。そんな訳で正月昼間は私が付き添って、夜は家内が病院に泊まっている。この年末年始は全く計画したことはできなかった。一年間貯まっていた用事、やりたいこと、全て、できずじまいだった。今年の目標は、“すぐやること”に決めた。後でいい、後からやろう、といつも考えて、仕事や、やらなければならないことは貯まるばかりで、結局も今回の年末年始のように除夜の鐘を聞きながら年賀状を書いて、元旦に年賀を投函するはめになってした。もうこんな状況は止めにして、せめて十年位前の生活に戻ろう。あの頃は決めことはできていた。どうしてこんなに決めたことができなくなってしまっているのか?年齢の所為?いろいろ原因はあるのだろうが、今年はまず“すぐやる”と決心した。ブログに載せることで実行できるように。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大雪 | こしき沢接骨院Blog | 雪囲いの終わった山茶花>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

奈良県在中TO。 りっぱな診療所におどろきました。 
おかあさん気をつけて下さい。 
大阪であえればいいですね。3人で会える日を楽しみにしています。
2010-01-17 Sun 16:41 | URL | TO #Te.aT6oE [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。