FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

腰椎椎間板ヘルニアの診断

当院の来院患者さんの愁訴部位別統計を取ってみても、
腰痛患者さんの来院が圧倒的に多く、
特に腰のヘルニアで悩んで苦労している患者さんはたいへん多いです。
どうして腰のヘルニアだけがこんなに多いのか?
ヘルニアは高度な医療機器で診断されます。
MRI、レントゲンの画像診断です。
当たり前ですが、病院に行かなければ、
ヘルニアの診断を受けることはなかったはずです。
一生の間に腰痛で病院にかからない人は、
相当数いると考えられます。
そういう私も今までに一回も整形外科に行ったことはありません。
とすると現在の整形外科診断基準で腰のヘルニアの人は、
もっともっと多いと考えられます。
レントゲンやMRIなどの検査をうけないので、
ヘルニアがあるのにヘルニアとは知らない人たちです。
今年の7月2日にNHKクローズアップ現代で放映された腰痛特集は
たいへんな反響を巻き起こしました。
番組の内容で腰のヘルニア患者の割合が今まで考えられてきた以上に、
たいへん多いということが言われていました。
あくまでも画像診断で椎間板がつぶれていれば、
間違いなくヘルニアの診断が付きます。
しかしその診断を受けたヘルニア患者さんの大多数は
腰痛と片側の痛みとしびれが主訴の患者さんで、
下肢の運動麻痺、例えば足指の背屈力の低下等の症状は出ていません。
そのような症状が出ている患者さんは稀です。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | その痛み・しびれは本当に腰のヘルニアですか? | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<今朝の言霊カード一枚(13) | こしき沢接骨院Blog | 今朝の言霊カード一枚(12)>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック