FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

分かっているようでよく分からない”坐骨神経痛”-20

まとめ
両教授とも根性疾患は基本的に痛みではなく、
麻痺性の病態であるとしている。しかしその一方で、
神経根圧迫にともなう痛みについては諸説があり、
検証されるべき病態であるとしている。
東洋医学的アプローチ
西洋医学的な考えかた分類では、
未だ「神経痛」の正体は分からないとなると、
東洋医学的な考え方の方が、
私のような一柔整師には、理解しやすい。
長年、日ごろの臨床から、
下肢痛は経絡に沿ってというより、
経絡ラインそのものに発現しています。
下肢に下る経絡はご存じのように、3つしかありません。
胃経、胆のう経、膀胱経の3本ラインです。
下肢に下行する痛みしびれは間違いなくこの3本しかありません。
この3つの経絡は下肢の外側と後ろ側にあります。
下りのラインは下肢の内側を上行します。
神経痛といって来院される患者さんは、
全員この下降する3つのラインを指示します。
触診でも術者もこの3つのラインを確認します。
経絡ラインには気エネルギーが流れるといわれています。
脈診等で、神経痛を訴えて来院される患者さんのエネルギーの低下した経絡は、
見事にこの3つの経絡に一致します。
この事柄だけをとらえてみただけでも、
東洋医学的なアプローチによる解析の方が、
西洋医学的見解よりも、
臨床面でははるかに現実的であるのではと考えています。
さらに、経絡検査即治療による結果には、驚きの毎日です。
気エネルギーといってみたところで、
見えないものは信じられないといって阻害するのではなく、
神経痛治療(慢性痛)には東洋医学をお薦めします。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
まとめ
両教授とも根性疾患は基本的に痛みではなく
、麻痺性の病態であるとしている。
しかしその一方で、神経根圧迫にともなう痛みについては諸説があり、
検証されるべき病態であるとしている。
東洋医学的アプローチ
西洋医学的な考えかた分類では、
未だ「神経痛」の正体は分からないとなると、
東洋医学的な考え方の方が、私のような一柔整師には、理解しやすい。
長年、日ごろの臨床から、
下肢痛は経絡に沿ってというより、
経絡ラインそのものに発現しています。
下肢に下る経絡はご存じのように、3つしかありません。
胃経、胆のう経、膀胱経の3本ラインです。
下肢に下行する痛みしびれは間違いなくこの3本しかありません。
この3つの経絡は下肢の外側と後ろ側にあります。
下りのラインは下肢の内側を上行します。
神経痛といって来院される患者さんは
全員この下降する3つのラインを指示します。
触診でも術者もこの3つのラインを確認します。
経絡ラインには気エネルギーが流れるといわれています。
脈診等で、神経痛を訴えて来院される患者さんのエネルギーの低下した経絡は、
見事にこの3つの経絡に一致します。
この事柄だけをとらえてみただけでも、
東洋医学的なアプローチによる解析の方が、西洋医学的見解よりも、
臨床面でははるかに現実的であるのではと考えています。
さらに、経絡検査即治療による結果には、驚きの毎日です。
気エネルギーといってみたところで、
見えないものは信じられないといって阻害するのではなく、
神経痛治療(慢性痛)には東洋医学をお薦めします。

今回でちょうど20回です。
坐骨神経痛は病名ではなく、下肢に痛みやしびれが出ている症状です。
長年、当たり前のように使ってきた”坐骨神経痛”とも決別です。
今までの医学常識は、明日の非常識です。
私たち治療家も古い考え方に固執せず、
新しい考え方をどんどん取り入れていきましょう。
何よりも病める患者さんのためです。
今回の特集で、改めて東洋医学の素晴らしさを認識しました。
何千年とうい長い期間、残った今の東洋医学は、
風雪に耐え、悪いものはすべて淘汰され、
残ってきた珠玉の医学です。

別窓 | 坐骨神経痛の正体 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<正座がしたい!-1 | こしき沢接骨院Blog | 分かっているようでよく分からない”坐骨神経痛”-19>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック