FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

正座がしたい!-15

慢性痛症であるが、急性痛を起こしている場合
慢性痛症であっても
患者さんはそこが痛いと思っていたが、
実はそれは防御姿勢が起こした痛みで、
二次的に発生した痛みであって、
つまり急性痛です。
無理な姿勢(防御姿勢)を取り続け、
二次的三次的な障害を起こし、
急性痛を併せ起こしている患者さんが大半です。
一方の脚が痛ければそれをかばうために
もう一方の脚にも障害が起こります。
慢性症に対する治療と急性症に対する治療、
両方を並行して行う必要性があります。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 新生柔整塾セミナー関係 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<正座がしたい!-16 | こしき沢接骨院Blog | 正座がしたい!-14>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック