FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

肩こりから読み解く体の痛みと治療-9

たしかに西洋医学は「部分」を見ることには長けているけれども、
部分と部分のつながりを見たり、
その関係を捉えようとする視線を欠いている。
しかし、一番大事なのは点と点のあいだのつながり、
つまり「線」を見ることことではないのか。
それが私の直感でした。
そこで「線」を見る医学「つながり」を見る医学はなにかと考え、
辿り着いたのが中国医学だったのです。
---中略---
じっさい、臓器というものは、心臓でも肝臓でも、
身体の中で孤立しているわけではありません。
血液や神経、リンパ液などのはたらきによって
他の臓器と連絡をとりながら身体全体として機能しています。
中国医学はそうした全体性を見ようとするのです。
それに対して西洋医学は障害の起こった臓器だけしか見ようとしない。
だからがんのような難しい病気を相手にした場合、
壁にぶち当たってしまうのではないか。
---と考えたのです。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 骨格系の痛み治療の未来 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<肩こりから読み解く体の痛みと治療ー10 | こしき沢接骨院Blog | 肩こりから読み解く体の痛みと治療ー8>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック