FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

接骨院(整骨院)ってどんなとこ?-2

そもそも接骨院とはどのような時に行って、
どのようなことをしてくれるところなのでしょうか?
ケガ(外傷)を治療してくれるところです。
接骨院は外傷治療が本業です。
足首を捻って外くるぶしが腫れた、
転んでひざを床に打ち付けた、
重い物を持って急に腰がでて動けなくなった、
野球で投球していて右肩を痛めた、
起きがけに急に首が痛くて回らなくなった等、
いろいろなケースが考えられます。
明らかにケガの受傷機転(負傷原因)がはっきりしている場合は、
保険診療できます。
しかしこのように、原因のはっきりしない場合や、
何度も同じ動作の切り返しで、痛みの出ることはよくあります。
腱鞘炎なんかも見方を変えれば、亜急性外傷であり、
整骨院でも受信可能です。
また、例え医療機関で“四十肩、五十肩”の診断を受けていても、
四十肩の患者さんは、肩の動きが悪くなっている状態で、
さらに何かの拍子に肩をいためる(ケガ)ということはよくあります。
ヘルニアの診断を受けていても、
別の原因で腰痛が出てしまうことは日常茶飯事です。
つまり、患者さんが自己判断で、
「五十肩がさらに悪くなった」「私は腰のヘルニア持ちで、
今回腰痛が出たのはこのヘルニアがまた出た」というように、
ご自分で自己判断して、ヘルニアは病気であり、ケガではないから、
接骨院では診てもらえないと決めてかからないことです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 当院にご来院される患者様へ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<接骨院(整骨院)ってどんなとこ?-3 | こしき沢接骨院Blog | 接骨院(整骨院)って、どんなとこ?-1>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック