FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

開業30年をふり返ってー1

長岡市は昔から接骨院のことを“揉み医者”と呼んで、
揉んで治してくれる先生といわれ、
社会的に少しは信頼のある職種であると勘違いして、
柔道整復師になりました。
私が開業当時、30年も前の話ですが、
当時は柔道をやっている先生が圧倒的に多く、
柔道整復師という名前のように、
柔道家が整骨院をやるのが当たり前でした。
力で制する体育会のような接骨師会の中で、
会長も役員も全員柔道家で、
一年学年が違えば先輩、後輩の立場の違いで、
恐ろしいような団体が日本柔道整復師会でした。
昨今、日本柔道界がゴシップで、
世間から改革を求められている場面が報道されています。
この体質がそっくりそのまま、今現在の柔整師会です。
力で制しようとしても、制しきれません。
次々と問題が噴出してきています。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 若手柔整師の方へ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<稔りの秋 | こしき沢接骨院Blog | 接骨院(整骨院)ってどんなとこ?-4>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック