FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

ひざ痛(変形性膝関節症)の治療ー3

しかし、皆さんよく考えてみてください。
膝の軟骨のすり減り(老化現象)は誰でも起こります。
半月板は70歳くらい前後よりすり減り、
硝子軟骨も80歳頃には、誰でもすり減ってほとんどなくなります。
程度の差はあるにしろ、歳と共に誰でも、
軟骨の使い減りは必ず起こります。
軟骨のすり減りが痛みの原因であれば、
70歳以上のお年寄りは全員膝の痛みが出できてもいいはずです。
しかし膝痛なんか、一生亡くなるまでまったく経験しない方が、圧倒的に多いです。
レントゲン写真を撮れば、
70歳以上の年齢の方はほとんど全員が軟骨のすり減りが、
レントゲン写真から読み取れ、
「○○さん、軟骨がすり減っています。
これが痛みの原因ですから、上手に付き合っていきましょう」
とお決まりの説明を受けます。
「もう歳だから治りません」といわれたのも同様です。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性ひざ関節症の治療 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ひざ痛(変形性膝関節症)の治療ー4 | こしき沢接骨院Blog | ひざ痛(変形性膝関節症)の治療ー2>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック