FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

ひざ痛(変形性膝関節症)の治療ー5

ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)が膝で上下に連結して、
膝関節を作っているのですが、
この関節面がきちんと合っていれば問題はでません。
しかしお歳と共に、立った時の姿勢が前かがみが強くなり、
つまり前傾姿勢になってくると、骨盤が寝て(骨盤の後傾)きます。

そうすると、骨盤に付いている股関節の構成パーツである大腿骨が外向き(外旋)になり、
下腿骨とで作られている膝関節の関節面がねじけてきます。
捻じれた膝関節面は、人間の生理的な関節面から大きくずれてしまいます。
この状態では、もちろん正座はできなくなり、
膝関節の動く範囲(可動域)は減少してしまいます。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性ひざ関節症の治療 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ひざ痛(変形性膝関節症)の治療-6 | こしき沢接骨院Blog | あっという間の雪景色>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック