FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

ひざ痛(変形性膝関節症)の治療-6

また膝関節は内側と外側の2点で支えているのですが、
外側は開いた状態で内側のみで体重を支えるため、
内側半月板と内側に分布している硝子軟骨が
急速にすり減ってしまいます。
なぜなら、内側1点で支えるには、
小さな点より大きな面積の点のほうが安定するので、
内側の軟骨を体がどんどんすり減らし、
体のバランスを、体自体が保とうとする
のです。
軟骨をすり減らすより、
重力に負けないような体の状態の方が、
たいせつだと体が判断した結果
なのです。
人の体って、本当にうまくできているんだと、
思わず「うー」と感心してしまいます。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 変形性ひざ関節症の治療 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ひざ痛(変形性膝関節症)の治療ー7 | こしき沢接骨院Blog | ひざ痛(変形性膝関節症)の治療ー5>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック