FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

猫背矯正(不良姿勢矯正)-14

③座った時のバランスの悪さを解消するため
デスクワークでは椅子に腰かけます。
その姿勢を思い浮かべてみてください。
その姿勢は両足が体の前方に投げ出されています。
またあぐらをかいても、長座をしても、
両方の脚は体の前に必ず来ます。
人体構造上、誰でもこのような状態になります。
この状態を例えるならL字形のブックスタンドの形に似ています。
体の安定したバランスを取るためには
両側に支えのあるブックスタンドの方がバランスを取りやすくなります。
人体も頭の位置を前に出す、つまり背中を丸くした方が腰かけた際、
また、あぐらや長座の際には背中を丸くした方が
バランス的には取りやすいと言えます。
しかしこの状態は背骨で支えているのではなく、
筋肉の助けをかりて(脊柱の後ろの伸展筋群を常時収縮させている状態)、
バランスを取っている状態です。
唯一両側に支えのあるブックスタンド形の姿勢は正座です。
正座は筋肉の助けを借りなくても、
背骨だけでバランスを取りながら座り続けることができる唯一の姿勢です。

ぜひ正座を座る生活の中心にしてください。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 猫背矯正 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<猫背矯正(不良姿勢矯正)-15 | こしき沢接骨院Blog | 猫背矯正(不良姿勢矯正)-13>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック