FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

むち打ち症(交通事故外傷)が長引く訳(その3)

業界の裏話的な内容ですが、どのホームページにもまったく書かれていない内容です。
当院は接骨院ですので保険診療(保険のきく施術)をおこなっています。
日本中の約4万軒の接骨院はほとんど99%保険診療をおこなっています。
中には制約の多い保険診療をきらって、自費だけで診療をやっている先生も稀にいます。
最近は保険診療の制約が大変厳しくなり、保険診療だけではとても食べてはいけません。
そこで混合診療といって保険以外の治療費をいただくところが多くなっています。
例えば腰痛で接骨院へ来院すると、一回目(初診)で2.225円(患者さんの一部負担金は高齢者一割負担で220円、高齢者以外三割負担で670円、2回目(再診)で905円(一部負担金はそれぞれ90円、270円)三回目以降は治療費の変動がなく、何回通院しても610円(一部負担金は60円、180円)です。3回目以降の治療は保険診療だけなら、一回の総額で610円にしかなりません。
国はこの程度の低料金で皆さんの治療をさせているのです。
私ならこんな安い料金の治療を受けることに不安を覚えます。
しかし高齢者の患者さんが百円玉一個持って毎日元気に接骨院通いというのもわかります。
どこの接骨院でもこのような高齢者の患者さんのたまり場になっています。
患者さんの来院数だけを誇り、一日100人、200人という来院数はこのような高齢者を集めている接骨院です。
このような接骨院は保険のきくマッサージ屋さんの代わりになっています。
この数値(数字)は治療家の良心の証です。
いくらホームページできれいごとを謳っていても、治療家としての資質が劣っていたら治療行為という神聖な行為をおこなうスタートラインにも立てません。
治療結果などは望むべくもありません。
経営が先、治療は後という先生は多いです。

3.6日(回)この数字は当院の患者さんの一か月の平均通院日数(回数)です。
新潟県の接骨院の月平均は8日(回)です。
この数字から当院の患者さんは他所の接骨院からみたら半分以下の通院回数ですんでいるということです。時間に追われている現代人は治療に多くの時間をかけられません。
痛みを何日も引きずってはいられません。
1日も早く治って仕事に復帰したいところです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | むち打ち症はなぜ長引くか | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<むち打ち症(交通事故外傷)が長引く訳(その4) | こしき沢接骨院Blog | むち打ち症(交通事故外傷)が長引く訳(その2)>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック