FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

むち打ち症(交通事故外傷)が長引く訳(その5)

2.528時間 この時間数は私が40歳から現在58歳ですから、約18年間に受講したセミナー、講習会等の調べがついた限りの受講合計時間です。
この受講に合わせて予習、復習にかけた時間を含めれば、どの位自分の手技知識技術に時間を費やしてきたことでしょう。
また、セミナー料、講習会費用、交通費、宿泊代等、家内に言わせれば家が一軒立つくらいは十分に懸けたと、切なそうな顔をします。
自分の仕事のために、当たり前と言われれば、返す言葉もありません。
この約18年間は東京、大阪仙台、金沢、熊本など全国各地にいい先生がいると聞けば、どこでも出かけていきセミナー、講習会に通いました。
一年中、日曜日はほとんどない状態で、セミナーに通いどうしでした。
当代一流の先生に就いて、その先生の知識技術が身に付くまで一人の先生で約3年はかかります。
習ってきたことを、月曜日から患者さん相手に使ってみて、申し訳ない話ですが、患者さんにより育ててもらってきました。
土日とかけて2日間のセミナーも多くありました。
接骨院を休診にしてまでも通いました。
だから引き出しの数は数多くあります。
どこの接骨院の先生にも負けていません。
だからこそいろいろな患者さんに合わせた治療ができるようになっています。
他院のように電気を掛けて、さっとマサージをして湿布を貼ってまた明日、というような画一的で慰安的な治療はしていません。
当院の患者さんは慰安目的で来院される方は一人もありません。
本当にどこに行っても治らない、業界用語で渡り患者さんが多いのが当院のレベルの証です。
ほとんどの新規患者さんがご紹介というのも当院の特色です。

2年ほど前になりますが、土曜日のセミナーが終了してその夜飲み会となり、その主催の業界大御所先生と飲みながらいろいろ話をしました。
「先生、俺のセミナー通いはいつまで続けたらいいのでしょうかねぇ、最近ほとほと疲れて東京通うのが苦痛になってきているんですよ」大御所先生曰く「先生はいろいろなテクニック、知識はもう十分じゃないの、これからはご自分の治療を作っていったらいいんじゃないですか」と言われて、そうだ自分だけのオリジナルな治療体系をこれからは作っていこうと決意しました。
最近ようやく誰もやっていない世界中でおそらく自分だけの治療体系が出来上がりつつあります。
まだまだ止まるわけにはいきませんが、かなりいい結果がでています。
目指す方向は間違ってはいません。
ご来院いただいて治療を受けて実感して頂くしかありません。
当院の治療体系は誰もできないオリジナル治療というのも当院の確たる証拠の一つです。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | むち打ち症はなぜ長引くか | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<むち打ち症(交通外傷)が長引く訳(その6) | こしき沢接骨院Blog | むち打ち症(交通事故外傷)が長引く訳(その4)>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック