FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

むち打ち症(交通外傷)が長引く訳(その6)

交通事故の患者さん
当院はある損保会社から患者さんのご紹介がたまにあります。
どこそこの接骨院に通院してくださいと、個人の接骨院の利益誘導につながる損保会社からの個人的な紹介はまずありません。
これは何を意味するのでしょうか、お話しします。
接骨院のホームページをみるとどこの接骨院でも『当院は交通事故専門院です』という文言がほとんどのトップページに書いてあります。
接骨院業界では保険診療が年々厳しさを増し、その目減り分を交通事故の高額自費患者さんに活路を見出していこうという流れがあります。
最近は、通事故患者さん集客セミナーまで各地で開催されたり、協会を作って交通事故サイトを立ち上げ、高額な入会金や年会費を徴収している団体もあります。それほどまでに交通事故患者さんは接骨院にとって最重要ターゲットになっています。
ひな形があり、どのホームページも中身は似たり寄ったりです。
これではどこの接骨院を選んでいいのか悩んでしまいます。
接骨院での交通事故の治療の場合、被害者の患者さんは当たり前ですが、自己負担がありません。
結果、保険会社に請求する治療費はかなりの高額な金額が請求されることが多く、あまりに常識はずれの請求が多いのも事実です。
そこで、損保会社と治療者と患者さんの間に入って治療や示談がスムースに進む担当者がいます。
この担当者が当院の治療回数、治療期間が他院に比べ当院の治療は圧倒的に少なく、つまり被害者の患者さんが早く治って結果、損保会社に対しての請求も圧倒的に少ないという事実を認めていただいています。県内では当院だけだそうです。
交通事故の患者さんは被害者意識もあり、また周囲から、つまらぬ交通事故対策知識、利得勘定もあり、治療期間が長期になる場合が多いのも事実です。
ここに交通事故患者さんの治療の難しさがあります。
当院はつまらぬことに心を痛めるより、一日も早く治って社会復帰して、元気で稼いだ方が当事者である患者さんのためであるという治療方針です。
当院の治療知識技術、治療姿勢が評価されている確固たる証拠です。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | むち打ち症はなぜ長引くか | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<腰のヘルニアは本当に痛み、しびれを出すのか? | こしき沢接骨院Blog | むち打ち症(交通事故外傷)が長引く訳(その5)>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック