FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

症例集ー膝関節(変形性膝関節症)

症例集―膝関節(変形性膝関節症)
80歳代の女性患者さん
主訴:右膝の階段の昇降時痛、歩行時痛、膝の腫れ、左膝の時々の痛み
経過:自宅が鉄筋コンクリート製の3階建、2階で生活しており、
どうしても階段の昇降しなければならない。
階段の昇降時に痛みでやっと昇降している毎日、
3年前に整形外科で変形性膝関節症の診断を受け、
腫れると関節の水を何回か抜いてもらった。
痛み止めを長期服用していたが、胃の調子の悪くなってきたため、
痛み止めは現在服用していない。
時々、左膝も痛みが出る。
整形外科医から安静にするようにいわれ、
曲げることはしないようにしてきたそうです。
正座はもっての外だと思っていたようです。
身長は160cm位、体重は70kg位で体格のいいおばあさんで、
「もう少し痩せればいいんですけどねぇ」「歳ですからねぇ」と
半ば諦めているような口調で話してくれます。
ある整形外科の先生から「歳だもの」と耳打ちされたそうです。
症状:右膝関節全体に少し腫れがあり、
屈曲は100度程度しか曲がらない。
日によって膝の裏側に痛みが出たり、
膝のさら周辺に痛みが出たり、
内側に出たり痛みの場所は変わる。
左右下肢の筋肉の差はない。
治療:当院の段差を階段に見立てて、昇降をしてもらって、
痛みが出ることを再現してもらう。
その後、経筋療法で足背にあるツボに銀粒を貼って、
同じ昇降をしてもらったところ、
瞬時に痛みが軽減し昇降がたいへん楽だと不思議がられる。
私達施術者側でもやっぱりこの現象を目の当たりにすると驚きです。
しかし当院ではこのような現象は特別めずらしいことではなくなっています。
この経筋療法を取り入れ臨床数を積み上げ、
良好な成績が出るようになっています。
変形性膝関節症と診断され
たいへんな不自由をしておられる患者さんに知っていただきたく、
ようやく本日、ブログアップしました。
当院の膝関節治療の考え方
60歳代の人で、膝の問題が出て
整形外科等の医療機関でレントゲン検査を受けると、
個人差はありますが、例えば20歳代の患者さんと比較すると、
必ず関節の隙間は減少しています。
隙間が少なったということは、
膝関節の軟骨が、長い年月の間に
使い減りによるすり減りが起きているということです。
程度の差はあれ必ずすり減りは起きています。
特別、膝関節だけにすり減りが起きているかと言えばそうではなく、
他の関節でもこの現象は発生しています。
正しく老化です。
髪の毛が白くなったり、皮膚にシミがでたり、しわが多くなったり、
いろいろな老化現象があります。
しかし軟骨のすり減りだけがなぜか痛みの原因といわれ、
痛みの元ということになっています。
しかし、老化は痛みをけっして出しません。
白髪が痛みをだしますか?シミが痛みを出しますか?
そもそもひざ軟骨に痛みを感知するセンサーがありますか?
80歳代になり、使い減りかなり進み、
レントゲン写真に写る関節の隙間は誰でもほとんどありません。
もし膝関節軟骨に痛み神経のセンサーがあるなら、
80歳以上のお年寄りは皆さん全員が、
膝が痛くて歩けなくなっているでしょう。
しかし膝に痛みが出ているお年寄りは一部です。
もう一度確認しておきますが、
膝関節の軟骨のすり減りは痛みの元ではありません。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 症例集―変形性膝関節症 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<当院の四十肩・五十肩の治療-1 | こしき沢接骨院Blog | 後は雪を待つばかりです>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。