FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

当院の四十肩・五十肩の治療ー7

治る経過
この四十肩・五十肩の可動域の低下は、
頭が洗えない拳上制限、
後ろに手が回らない結滞障害、
患側の手で健側の肩を掴めない
など、
専門用語で屈曲障害、水平屈曲・伸展障害です。
治り始めはまず、少しずつ腕が挙がり始めます。
腕が挙がり始めることによって、
肩関節最大の大きさの三角筋の力が付き始めます。
その後、肩回りの筋肉が、氷が解けるように少しづつですが、
可動域が増えるとともに動き始めます。

ここまでくると後は時間の問題です。
長かった冬も終わり春が近づいてきたような状態です。
夜間痛もなくなり熟睡できるようになります。
今まではこの時期に治療を受けた治療家のところが、
名治療家といわれてきました。
おそらく、ほとんどの治療家が治るのを待つしか治療がないのが、
この四十肩・五十肩の治る経過でした。

当院の四十肩・五十肩治療をお勧めします。
特に硬縮がひどく固まってしまった五十肩で
苦労されている患者さんはぜひ当院へお出でください。
気の問題を探し、四十肩・五十肩の根本原因にアプローチしますので、
治療効果、治療期間は飛躍的に向上しています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 四十肩・五十肩の本当の原因 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<田んぼ打ちが始まっています。 | こしき沢接骨院Blog | 当院の四十肩・五十肩の治療ー6>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック