FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2本のヒマラヤシーダ

004_2015111207594571d.jpg
003_2015111207594310e.jpg

この2枚の写真の木はヒマラヤシーダという針葉樹です。
大木になり公園樹として、あちこちの公園に植えられています。
当院も今の建物を約20年前に建てた際に、
当院の南向き花壇に2本いっしょに私が植えました。
20年経って一本は直径30センチくらいに成長し、
見上げるような大木に育ってくれました。
片やもう一本は直径5センチくらいで、
なかなか成長してくれません。
この差はいったいなぜなのかと
考えを巡らせたときに、やっと結論がでました。
植えてある場所です。
大きく成長した木はある程度、
日当たりがいいところに植えてあります。
成長しない木は隣の家の日陰になり、
ほとんど日が当たりません。
土も同じで違いは日当たりだけです。
植える時は、同じくらいの背丈150cm位の
2本の苗木を買ってきたのです。
20年という年月でこれだけ差が出るとは驚きです。
人の子供たちも同じように育てても、
皆それぞれに個性が出て成長が違います。
この木のように同じように育てても、皆違います。
私の3人の子供たちもそれぞれ個性的です。
3人とも特別なことはせず、同じように育てたつもりでした。
雪囲いやっていて、
この2本のヒマラヤシーダからいろいろ考えさせられました。 こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 歳時記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<適材適所、成長が全く違ってしまった2つのギボシ | こしき沢接骨院Blog | 当院玄関脇、植え込みの雪囲い>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。