FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない新腰痛理論ー5

3、最新の腰痛の考え方
腰痛を従来の考え方と最近の考え方とに比較してみます。

従来の考え方として原因→脊椎の問題として重い物を持つなど、腰への負担が大きくなることだけが、腰痛と強く関係すると考えられてきました。
対処→痛みが治るまで無理をしない、腰にできるだけ負担をかけない、このような考え方で腰痛の治療をおこなってきたため、腰痛の大部分は検査で原因が見つからない、また腰痛で困り続ける人を減らせなかった。
最近の考え方として、原因→腰痛の慢性化および再発には腰への負担だけでなく、その患者さんを取り巻く環境によるストレス(心理・社会的な問題)などの問題も強くかかわっていることがわかってきた。

対処→再発を心配しすぎないようにして、できることは続ける。ストレスをためない。以上のように腰痛は目に見える体の問題だけではなく、目に見ることのできないストレスを抱えてしまった人が腰痛を起こしたり、慢性腰痛に移行したり、再発を繰り返してしまう、ということを指摘しています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論ー6 | こしき沢接骨院Blog | 科学的根拠に基づかない腰痛新理論ー4>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。