こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論-13

11、腰椎椎間板ヘルニアの痛みしびれの真犯人

ではヘルニアは痛みしびれの犯人ではないとすると何が痛みしびれの犯人なのでしょうか?この答えを探して当院なりにアンテナを張り巡らして情報収集してきました。

腰痛研究の第一人者菊池臣一福島県立医科大学学長の異所性発火説、
加茂整形外科院長加茂淳先生始め東京慈恵会医科大学付属病院麻酔科准教授北原雅樹先生など多くの先生方に支持されている筋筋膜性疼痛症候群(MPS)とトリガーポイント理論、
また愛知医科大学医学部痛み学講座熊沢孝朗(故人)教授グループの慢性疼痛の最新理論、
その他、腰痛に関わった多くの先人たちが科学的根拠に基づいた研究をされ発表した数多くの理論を収集して、なぜ腰ヘルニアが腰下肢痛、しびれを発生させるのか?狭窄症が下肢にしびれを発生させるのか?浅学の私には未だに答えは出ていません。

市井の一治療家が自分なりに最新、最先端の腰痛情報を収集し、それを基に日々の臨床を積み重ねた今現在到達している腰痛についての私見を述べてみます。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論ー14 | こしき沢接骨院Blog | 科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論ー12>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。