FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

肩こり(7)

病気の本当の原因
東洋医学の陰陽説では、あらゆる万物を男と女、昼と夜、プラスとマイナスの二つに分けて、そのバランスを保つことで調和が維持され、どちらか一方に偏るとバランスが乱れると説明しています。
それと同じように人の心の中も「善と悪」がバランスよく共存することで、人間らしく生きること、健康的に生きることが可能なのです。
マイナスの心ばかり認識しすぎるのも不健康ですが、プラスの心ばかり認識しすぎて、自然に発するマイナスな気持ちを排除しようとすると、心と体の調和が乱れて、不健康になります。
自然に発するネガティブな気持ちを押し込めようとするのではなく、その気持ちも自分の心の一部として自分で自分を認めてあげることが大切です。
問題となる相手や事柄を受け入れる前に、まずは自分が発しているマイナスな感情を受け入れましょう。
ポジィティブな感情とネガティブな感情の共存は健康を、逆に対立は不健康を招きます。
自身の心の中で「役に立ちたい」「助けてあげたい」「頑張らねば」というポジティブな気持ちがある一方で、「逃げたい」「悲しい」などネガティブな気持ちがあるということを、自分自身で認めないと体が元の悪いサイクルに戻りやすくまります。
世間一般でも、病気の本当の原因はストレス(病は気から)だということは、なんとなく分かってきています。
整形外科でも慢性腰痛の本当の原因はストレスだといい始めていますが、ごく一部です。
これから少しずつでしょうが、この考え方も浸透してきます。
ただ一般の病院では、そのための体とストレスを合わせる具体的な治療法がないのです。
慢性痛は整形外科といっしょに、診療内科が診るようになってきています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 肩こり | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<人はなぜ治る?なぜ治らない?(1) | こしき沢接骨院Blog | 肩こり(6)>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック