FC2ブログ

こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

正座がしたい、どうしたら治る膝痛(3)

人生の重荷

このような患者さん多いですよね。先生方の接骨院にもいつもこんな患者さん抱えて、難儀をされていることと、想像します。治療する側のまちがった考え方により、ここまで患者さんの人生に重荷を背負わしてしまい、これでは膝がいたくて当たり前、膝が曲がらなくて当たり前です。
気の毒な患者さんを作ってきた患者さんへの言葉掛けには、特に気を付けたいものです。

ネガティブな説明(言葉かけ)

このような患者さんが初診で来院されたらどんな話や説明、言葉かけをしますか?
この患者さんはどこの整形外科に行っても
太りすぎです、痩せなさい、痩せなければ治りません。
②膝の軟骨がすり減ってしまっていて、すり減りは治りません。
③ももの筋肉が落ちているから運動してつけなさい。
 筋肉がないと骨が無理をする から,足首に錘をつけてリハビリをしてください。
 プールに行って水の中を歩いてください。
 筋肉がないと治りません。
 筋肉が付けば、楽になります。
膝を曲げてはいけません
 今の世の中、昔とは違って洋式の生活だから、膝が曲がらなくてもさして不便はありません。
 正座なんてもっての外です。
年もそろそろだし、これから無理しないで痛みと上手に付き合ってください。

①から⑤まで、少し大げさに書いてしまいましたが、だいたいこんな調子です。
これでは治りません。
そもそも治らないと思って治療している病院に行って、
高いお金払って、
撮らなくてもいいレントゲン撮って、
浴びなくてもいい放射線浴びて、
もう治りませんとレッテル貼られて、
治りませんという引導渡されて、
これで治ったら奇跡ですよね。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 膝痛(変形性膝関節症) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<正座がしたい、どうしたら治る膝痛(4) | こしき沢接骨院Blog | 正座がしたい、どうしたら治る膝痛(2)>>

この記事のコメント こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こしき沢接骨院Blog |
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック