こしき沢接骨院Blog

こしき沢接骨院のブログ

科学的根拠に基づかない新腰痛理論ー5

3、最新の腰痛の考え方
腰痛を従来の考え方と最近の考え方とに比較してみます。

従来の考え方として原因→脊椎の問題として重い物を持つなど、腰への負担が大きくなることだけが、腰痛と強く関係すると考えられてきました。
対処→痛みが治るまで無理をしない、腰にできるだけ負担をかけない、このような考え方で腰痛の治療をおこなってきたため、腰痛の大部分は検査で原因が見つからない、また腰痛で困り続ける人を減らせなかった。
最近の考え方として、原因→腰痛の慢性化および再発には腰への負担だけでなく、その患者さんを取り巻く環境によるストレス(心理・社会的な問題)などの問題も強くかかわっていることがわかってきた。

対処→再発を心配しすぎないようにして、できることは続ける。ストレスをためない。以上のように腰痛は目に見える体の問題だけではなく、目に見ることのできないストレスを抱えてしまった人が腰痛を起こしたり、慢性腰痛に移行したり、再発を繰り返してしまう、ということを指摘しています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない腰痛新理論ー4

2、日本での腰痛の新常識
日本でも2008年に労働省健康福祉機構 関東労災病院 労働者筋骨格系疾患研究センター長の松平浩先生のグループが厚労省の指示を受けて、腰痛に関する大規模疫学的調査研究を行って、わかった腰痛の新事実を公表しました。

松平先生の調査研究がもとになり腰痛の新事実が公になり、今までとは全く異なった腰痛の新事実が明らかになってきました。
2009年の11月にはNHK「今日の健康」という番組がありますが、特集「腰痛に負けない」というテーマで、1週間連続で松平浩先生が出演され、腰痛の新常識として解説され一般にも知られるところとなってきています。

その後は機会があるごとに腰痛新事実がいろいろな番組で取り上げられています。民放の中には視聴率アップのために面白おかしく腰痛新事実を解説しており、出演しているドクターの見解も独自の解説だったりで、首をかしげることもあります。
さらには長年続いてきた古典的腰痛理論を新事実とは真反対の内容の番組も放映されています。

新旧理論のせめぎ合いで、未だにどちらが正しいとかは白黒はつけられません。現在でもほとんどの病院、整形外科、民間治療家などは、古典的腰痛理論で診断して、治療や施術を行って腰痛が治っている現実があります。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない腰痛新理論ー3

1、アメリカ、ヨーロッパ諸国での腰痛の新事実

最近、腰痛を取り扱った番組で、「腰のヘルニアは腰痛の犯人ではない、真犯人は○○○○です」など今まで当たり前であった事実が、事実ではなかったと言われています。

アメリカでは2000年代に入り腰痛による経済的損失が年間10兆円にも上るというデータもあり、国家を上げて10年間腰痛研究に取り組み、腰痛の新事実が多く出てきました。

今まで当たり前に考えてきた事実が実は間違えであり、新事実に基づく治療、治療法、施術が必要とされました。このような取り組みが腰痛に悩む人たちを救い、ひいては腰痛による経済的損失を減らすことにつながるということなりました。

ヨーロッパの腰痛先進諸国でもアメリカと同様の腰痛への取り組みをおこなっています。
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論

科学的根拠に基づかない分野の腰痛について次回より15回にわたって、連載してみます。
科学的根拠という響きの良い冠文字は逆に、科学的根拠に基づかないという考え方を否定してしまいます。
どちらも大切という当院の腰痛新理論は、毎日の臨床経験に基づいており、
また当院独自の考え方ということをお断りしておきます。
目次
1、アメリカ、ヨーロッパ諸国での腰痛新事実
2、日本での腰痛新常識
3、最新の腰痛の考え方
4、要約、ようつうの新常識
5、椎間板ヘルニアは痛みもしびれも出さない
6、東洋医学は気の医学
7、心身一元論と心身二元論
8、読む治療薬
9、本当に腰の手術が必要な患者さん
10、ある女医さんの腰椎椎間板ヘルニア
11、腰椎椎間板ヘルニアの痛みしびれの真犯人
12、目でみることができないストレスが腰痛を引き起こす
13、科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論
14、当院の治療指針
15、まとめ こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論

科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論

当院では腰痛先進国の腰痛の新しい情報が国内に入り始めた10年前から、県内接骨院ではどこよりも早くこの考え方を紹介してきました。早いもので10年くらい経ったでしょうか、今や科学的根拠に基づいた腰痛理論は当たり前になりつつあります。
実際科学的根拠に基づいた治療施術を自院のホームページに掲げている院も多くなってきました。

しかし実際に臨床によってこのいろいろな新事実を確認して臨床経験を積み重ねて初めて、訴えている新事実が説得力を持ちます。腰痛情報サイトに掲載されている事実がはたして新事実として認めてよい内容か?この10年間で臨床を積み重ねていくうちに疑問点も多々出てきています。

統計的に正しいことがすべて実際の臨床に使えるか?大多数ががそうであっても、少数派はそうでないことも考慮すべきです。科学的根拠に基づくことは当たり前ですが、科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論は更に大切にしています。当院ではケースバイケースで治療施術に当たっています。

サイトの申し子のような腰痛理論で施術を行っている接骨院も多くなってきており、たいへん危惧しています。腰痛の新事実が正しく普及していないことをたいへん憂慮しています。今回連載で科学的根拠に基づいた腰痛理論と科学的根拠に基づかない分野の腰痛理論を紹介してみます。

こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック
別窓 | 科学的根拠に基づかない分野の新腰痛理論 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | こしき沢接骨院Blog | NEXT
こしき沢接骨院 KKカイロプラクティック